English

麗澤アーカイブス

麗澤大学 <人口・家族史研究プロジェクト Population and Family History Project (PFHP)>は、麗澤大学 名誉教授・速水融氏が2006年に寄贈された、宗門改帳と明治・大正期府県統計書を中心としたデータを「麗澤アーカイブズ」として整理更新し、さらにデジタル化を進めデータベースを構築するととともに、そのデータを利用した人口・家族・経済の長期的研究と国際比較研究に取り組んでいます。

(1)歴史人口学関連図書 1,900冊 
(2)府県統計書(複写) 4,350冊
(3)原史料 約1,300点
(4)画像史料約1660町村(約32,250町村・年)
(5)画像史料の紙焼き 約4,500冊(約800 町村)
(6)BDS(ベーシック・データシート)史料を解読し分析のために個人をリンクした基礎整理シート
            約470町村(約9,960町村・年)
(7)「個票」「移動情報ITS」「家族復元FRF」など速水融氏が研究のために作成した整理シート
            約150町村・種類
(8)BDSを入力したデジタルデータ 約10万人

(1)(2)については麗澤大学図書館に登録され、利用許可を得て館内のみ閲覧可能になります。
PFHPでは、(4)〜(7)の近世後半の人口史料を中心とした様々な媒体と研究分析用シートの所在と内容を登録し、研究のための検索や史料整理を円滑にするために「検索プログラム」(サンプル画面は以下)開発しました。文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「人口・経済・家族の長期的研究:多世代パネルデータベース構築」(事業番号S1591001L 平成27年~31年)の一環として、現在もコンテンツとプログラムの更新が続いています。